HOME → 海歩記(うみあるき) → 〝てぃんさぐぬ花〟

くろ吉のつぶやき Rayの毎日を徒然なるままに・・・

〝てぃんさぐぬ花〟

沖縄民謡で有名な〝てぃんさぐぬ花〟

 

ゆるやかなメロディと、やわらかい曲調で

癒されるなぁ~というくらいにしか

思っていませんでした。

 

 

それは、数ヶ月前のこと。

パラパラとめくった沖縄のローカル雑誌で

この唄の意味を知ったのでした。

 

 

 

① てぃんさぐぬ花や

ちみさち(爪先)に す(染)みてぃ

うや(親)の ぬしぐとぅ(事)は

ちむ(肝)に す(染)みてぃ

 

【訳】 ホウセンカの花は

爪の先に染めて (魔よけのために)

親のいう事は 心に染めなさい

 

 

 

② てぃん(天)ぬ むりぶし(群星)や

ゆ(読)みば ゆ(読)まりゆい

うや(親)ぬ ゆしぐとぅ(言)や

ゆ(読)みやならん

 

【訳】 天に輝くたくさんの星は

数えようと思えば数えられるけど

親の教えは数えきれないほど多い

 

 

 

③ ゆる(夜)はらす ふに(舟)や

にぬふぁぶし(方星) みあ(見当)てぃ

わ(我)んなちぇる うや(親)や

わ(我)んどぅ みあ(見当)てぃ

 

【訳】 夜の海に出る舟は

北極星を目印にしているけれど

私を産んでくれた母親は

私を頼りにしている

 

 

 

④ たからだま(宝玉)やてぃん

みが(磨)かにば さび(錆)す

あさゆ(朝夕)ちむ みが(磨)ち

うちゆ(浮世) わた(渡)ら

 

【訳】 宝物も磨かないと錆びてしまう

朝も夕も心を磨いて

世の中を生きていきましょう

 

DSC_0011 (640x528)

 

2013.5.16 久米島にてー。

コメントCOMMENTS

てぃんさぐぬ花…☆
沖縄民謡のなかで一番好きな唄…。
この唄を聞くと、沖縄の青い海と、なだらかな時間を、想像します。メロディーは、とても癒されるのに内容は、とても深いんですね、 厳しく そして優しく…。
日常の生活の中で忘れがちな事を、思い起こさせてくれます。(感動)
親を敬い、より謙虚に、そして日々精進する事…

感謝 (合掌)

2013.05.20 投稿者:しのぶ

いつも心を磨いて 感謝して 感動して生きてゆきたいですね。

素敵な歌《詩》をありがとうございます。

3週間前に おばあちゃんになりました。

初孫は男の子です。

息子が 親父になったことが不思議です。

かわいくて可愛くて ・・・・・・・ 癒されます。

お嫁ちゃんに感謝です。

久米島の青い海に癒されるように トロケています。


クロちゃん  7月の帰省を楽しみにしていますよ。


10月には私たち夫婦も 久米島に行きますから宜しくお願いしますね。

2013.05.23 投稿者:福山のゆうちゃん

コメントを投稿COMMENT FORM

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

ページトップ
 
SMTWTFS
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2016年01月

新着情報New Entry

最新コメントComments

アーカイブArchives